君は金星を見たか?

元気ですかー

秋の陶器市に向けて少々作りをば。

↓たたら板で小皿を作り、久しぶりに化粧掛け。
IMG_1127_convert_20170916192714.jpg

↓ずぶ掛けしてそのまんまだと水切れしました。
IMG_1128_convert_20170916192733.jpg

↓掛けた直後に振って余分な泥を落としたところ、切れませんでしたが、
IMG_1129_convert_20170916192745.jpg
多分焼き上がりは化粧が薄くなってしまう。ホント微妙です。最悪垂れたところのみ白くなる…。

↓以前作った型(全然売れなかった)を改造して作ってみる。
IMG_1132_convert_20170916192801.jpg
10月半ばまではひたすら造りに専念するぞ~。

↓言ったそばから畑をやってしまう意志の弱さ。ニンニク植えました。 ( ̄^ ̄)ゞ
IMG_1133_convert_20170916192814.jpg

↓そしてまたしても土と向き合うことを避ける。巣箱外して中を見たくなった…。
IMG_1134_convert_20170916192828.jpg

↓わお!
IMG_1135_convert_20170916192843.jpg

↓ほぼ苔でできたベッド。わざと運び込んだのかな~?金の星が!
IMG_1136_convert_20170916192901.jpg

↓シジュウカラのつがいがうろついていたのでそいつ等の巣でしょう。今は蜘蛛が住んでました。
IMG_1138_convert_20170916192934.jpg

↓結構分厚いスポンジ状。ヒナが生まれた瞬間とか想像して楽しんでます。
IMG_1139_convert_20170916192945.jpg
それにしても卵の殻はどこ行った?

次女Kの推理によれば「親鳥が運び出した」との事。う~ん、あり得る。

スポンサーサイト

赤い奴ら

元気ですか~

本日無事にK小学校児童クラブ様の作品たちをお届けしまして毎年のいわば夏合宿的な仕事を終えました。

解放! ヽ(≧∀≦)ノ

私どもが住んでおります笠間市では浄化槽の年1回の汲み取りと3か月に1回の点検が義務化されてしまい、

本日汲み取ってもらいました。リッター10円取られます。

その浄化槽の脇に放置していた甕↓
IMG_1115_convert_20170825193058.jpg
夏場と冬場に金魚たちが次々と死に、とうとう1匹になってしまったとき、

この甕に水を一杯張って放してみましたが、そのまま忘れておりました。「居るのか・・・」


IMG_1117_convert_20170825193133.jpg
居た…。しかも人の気配を感じて浮きあがってきた…。エサはどうなってるんだろうか。恐るべき生命力。

ところで近所の道路脇に派手に赤いものが見えるので寄ってみると

キノコだった!
IMG_1118_convert_20170825193149.jpg

↓こちらはおそらく1日経った姿
IMG_1119_convert_20170825193207.jpg

↓卵発見!
IMG_1122_convert_20170825193237.jpg

↓このように生まれてくるらしい・・・
IMG_1123_convert_20170825193254.jpg

↓そして枯れていく・・・らしい。
IMG_1120_convert_20170825193221.jpg
生まれて死ぬまでが標本のように観察できました。

なんかしみじみ。 ( ̄^ ̄)ゞ   どうやら食えるらしい・・・。

作り手は裏方なり

元気ですか~

↓1日に陶芸体験のお客様がいらっしゃいまして思い思いの作品が出来上がりました。
IMG_1102_convert_20170806214649.jpg
お客様が帰った後、残された作品がどのような工程を経るのか、少しご紹介したいと思います。

牛、ペンギンなど塊で出来ているものは、素焼きの時に水蒸気爆発を防ぐため、
かきベラで内側の粘土をほじくりだします。
IMG_1103_convert_20170806214705.jpg
手びねりの分厚い作品も底や腰の厚い部分を削ります。

板皿は乾燥時の「反り」を防ぐため、敷いている板を取り換えたり、しょっちゅうひっくり返すなどしてなるべく均一に乾かします。
IMG_1104_convert_20170806214719.jpg

ロクロ作品は体験で慣れていない方が作った場合底の部分の土絞めが足りませんので、大抵「底割れ」しやすくなっています。
IMG_1105_convert_20170806214733.jpg
削りをすると共に底割れ防止の為乳棒で叩いたり、印花を押したりして割れ止めをします。

IMG_1106_convert_20170806214748.jpgでもって、今日は素焼きをしながらそれらの仕上げをやっとります。


IMG_1110_convert_20170806214801.jpg

↓高台削り上手くいきました。
IMG_1111_convert_20170806214816.jpg
花瓶は高台内中央に割れ止めの為「印花」を押しましたよ~。

↓今回一番の難関。大きな板皿でございます。発泡スチロールに入れて養生。たまに出して少し乾かす。これを繰り返して時間をかけて乾燥させます。
IMG_1113_convert_20170806214829.jpg
また、裏側をカンナでスリット状に加工しました。通常端っこが割れが来やすいのでスリットを刻むことでそこをあえて弱くして
張力をそこに持っていきます。結果、端っこは割れ難くなるという理屈です。

無事に完成まで漕ぎつけると良いんだが・・・。がんばります。

素焼きの方も無事に爆発することなく終了しました。あと1回素焼きして、3回本焼きすれば8月の仕事は終了です。

関係ありませんが最近ミニオンズにはまっている私です。(^▽^)/ チャオ~!
元気ですか~

昨日今日そして明日、K小児童クラブの陶芸教室のお仕事です。

続々と小学生の作品が工房に集結しつつあります。
IMG_1101_convert_20170726185058.jpg
今日までで135名分。いずれ劣らぬ力作です。

明日になれば200を超える作品で工房が埋め尽くされますが、もう何年も毎年やってますので…

子供たちも当然器用になってるわけで、積み重ねって大事ですね。

それと教え方かなっ! (=∀=) 失礼しました…

ところで子供と交流すると面白い事ばかりで癒されます。

2年生女子の会話に聞き耳を立てていると、

「無量大数ってあると思う?」 「無量大数は無いと思うな~…」

などとプチ哲学的な会話が交わされた直後に

トイレの花子さんの召喚方法を真剣に教え合っていたりします。

確かに「無量大数」と「トイレの花子さん」はどちらも不可思議のカテゴリに入ってますが、

「存在し易さ」では花子に軍配が上がる。と私も思う。

そんな私も陶芸教室の間は子供たちから「先生」などと呼ばれ崇められますが、

こないだテレビで見た「ミニオンズ」の会話にうっかり加わったばっかりに

呼び名が「エル・マッチョ」に変わってしまい、威厳は地に落ちました

明日も頑張ろう! (T。T)

泣きっ面に

元気ですか!

私の愛車に何者かが・・・
IMG_1074_convert_20170717215404.jpg

うっ!こっ、こいつは・・・
IMG_1075_convert_20170717215424.jpg

そんな狭いところに!?
IMG_1077_convert_20170717215459.jpg

入っても干からびるだけだからやめなさい。排除!
IMG_1079_convert_20170717215516.jpg

朝のエサ待ち
IMG_1087_convert_20170717215533.jpg

夜のエサ待ちこっ、怖えぇ
1497790473585_convert_20170717215747.png

宝物庫は校倉造りだったか!
IMG_1090_convert_20170717215551.jpg

お二人さん炎天下でも頑張ってます!
IMG_1091_convert_20170717215625.jpg

玉虫様乱舞してます。
IMG_1093_convert_20170717215641.jpg

テイクオフ!
IMG_1094_convert_20170717215702.jpg

このところ右肘が痛いのが治らない・・・多分オーバーワーク・・・

で、今日長らくサボっていた草刈りしてたら右手をハチに刺され・・・速攻で退却!

同じ人物の手とは思えない・・・
IMG_1098_convert_20170717215717.jpg
お願いだ!右手ちゃん。復活して! (T0T)

元気ですかー

↓今日は朝から取り掛かってます。
IMG_1052_convert_20170623222552.jpg
今日中に屋根トタンまで終えてしまいたいからです

↓ベニヤ貼り終わってようやく日陰が出来ました。
IMG_1055_convert_20170623222613.jpg
今日も日差しがキツいです。

↓E藤さんのこだわりでルーフィングなるものをトタンの下に貼ります。
IMG_1060_convert_20170623222658.jpg
アスファルト素材らしく日差しを受けて忽ち触れない熱さに!

↓靴底が溶け始めたので急いで貼り終え、熱中症になる前に緊急避難です…
IMG_1063_convert_20170623222715.jpg
これ以上屋根の上に居続けるのは危険と判断し、ていうか嫌だ。

残りは涼しくなるのを待つことにしましょう。

と、いうことで午後4時!再開です (T0T)

↓なんとしても日没までにやり遂げるのだ!
IMG_1065_convert_20170623222734.jpg
トタンを貼り始めましたが、E藤さんが傘釘を打つたびにミスって釘を飛ばすので

そのままにするとパンクの原因となってしまうから草むらの中を探す…

こだわりのアースカラーだから地面に落ちると保護色となり発見できない!
「普通にブルーのにしとけ!」

1本落とすたびに屋根から下りてくるE藤さんに
「こっちで探すからいちいち下りてくんな!」と厳命し

なんとか波トタンを貼り終えるかと思いきや「足りねえ!」

E藤さんには急いでトタン2枚を買いに行ってもらい、仕事から帰ってきたKなめさんを捕まえて応援を頼む

↓2枚のトタンが到着した時にはもう日が暮れてしまい、機転を利かせたKなめ号がヘッドライトで投光!
IMG_1067_convert_20170623222754.jpg

↓こんな状態でも止めない!
IMG_1068_convert_20170623222812.jpg
午後7時20分、棟のかぶせトタンまですべて貼り終えた。やったー!

↓ようやく地上に下り立った3人のやり遂げた感はすごいものがある。
IMG_1069_convert_20170623222826.jpg
この場にビールが無いのが唯一の落ち度。

↓表に回ってみれば、奇跡の黄金能舞台>が出現!
IMG_1072_convert_20170623222844.jpg
てなわけで屋根が終了したのであとはご本人に頑張って作っていただきま~す。

(^▽^)/お疲れした~
元気ですか~

休日と言えば大工仕事ですね!

今日は小屋組みと垂木の取り付けです。
IMG_1049_convert_20170616213807.jpg
雷雨が過ぎ去った後の光景です

たった3メートル、されど落ちたら一瞬で地球と衝突ですので・・・
IMG_1050_convert_20170616213823.jpg
気を付けていても怖い目には遭います。

ブルーシートの上に梯子をかけていたのでズルッとなり・・・ (*゚ロ゚)ノ

反射的に桁にしがみついたので助かりました。

そのあと垂木の束を梁に乗せて足場代わりにしていたら横方向にズレッ!・・・ (≧∀≦)ノ 

こちらも何とかバランスを取り落下は免れる。
IMG_1051_convert_20170616213837.jpg
何が悪いって、ジーンズにサンダル履きで上に上がるのが間違ってるな~。

足も全然上がんないし・・・

怪我だけはしないように頑張ろう!
元気ですか!

本日もザク沢3人衆、お互いの身体を気遣いながら の建前作業が始まりました。

E藤さんはすでに丸ノコ職人兼パシリの称号を与えられています。

↓高いところ大丈夫ですかー?「おう、任せとけっ!」
IMG_1043_convert_20170611191745.jpg

自称元とび職のKなめさんにかけやをふるってもらいガッコンガッコン。
IMG_1046_convert_20170611191804.jpg

↓昼はお友達が来たのでバーベキュー(海鮮)。
IMG_1047_convert_20170611191824.jpg
この時はKなめさん、E藤さん二人ともバーベキューマスターとして活躍!JK達の黄色い歓声を浴びる。

そんな二人の持ち上げたらなんでもやってしまうという特殊能力によって

宝物庫は着々と出来上がっております!
元気ですかー

陶器市以降は休みのたびにE藤さん宝物庫建設に携わっていたため

身体から「材木の匂いと疲れ」が取れない状態です。

↓本日ようやく棟上げに漕ぎつけましたのでご紹介を…。
IMG_1040_convert_20170610183312.jpg
16畳ひと間の立派すぎる倉庫が出来てしまいそうです。

入母屋の入り口には検閲所を設け、

収納するものとしないものを仕分けして、

不必要と判断されたものは容赦なく断捨離してもらう予定です。
IMG_1041_convert_20170610183335.jpg
冗談ではないのです。

このスペースなんぞE藤さんの物欲にかかれば

人が入れなくなるのに1か月とかからないでしょう。

入り口には「断捨離」の墨跡を掲げる予定です。

てゆーか、さっさと屋根まで終わらせて残りはE藤さんにやってもらって、

自分は自分の事やんなきゃね! (^∇^)

身体がもつかねっ!? (^▽^)/
元気ですかー

春の陶器市も無事に終わりました。今回もなんとか赤字は免れました。

ご来場、お買い上げくださいました皆様、ありがとうございました。
IMG_1030_convert_20170507212431.jpg

今年の春の陶器市は品物の準備がほとんど出来ませんで、

当然ながらお客様の反応もそれ相応となり、不完全燃焼を余儀なくされまして・・・

↓気晴らしにテントでも粘土こねこね。
IMG_1034_convert_20170507212449.jpg
これは・・・箸置き作ってるうちに「箸置きって使わなくねぇ?」ということに気が付き、

多分この世で誰も作ったことがない
釣りゲーム用の魚となった作品です・・・  (-"-) 「・・・」

「色見」に使おうかなっ!・・・(*'▽')



6日は母ちゃんと次女Kも参戦しましたが、売り上げは振るわず・・・

↓気が付けば夕日を浴びるキノコ達が並べられていた・・・
IMG_1038_convert_20170507212502.jpg
秋の陶器市は夕日も脚光も浴びてやろうか‼

プロフィール

ちんくろう

Author:ちんくろう
自分だけの一本道をのうのうと闊歩しています。

陶芸教室の詳細はカテゴリ「土わらべ」を御覧ください!↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
イキオイってコエーよな

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
16334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5646位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR